未分類

楽天Car車買取のメリット・デメリット

「楽天Car車買取ってどんなサービスなの?」
「楽天Car車買取のメリット・デメリットは?」

楽天Car車買取はオークションで車を売却できるサービスで、1回の査定で2,000社以上の業者が見るオークションに出品できるサービスです。

個人で出品できる車のオークションはトラブルなどの点でハードルが高いイメージが有りましたが、楽天Car車買取はその様なデメリットを除いたサービスで、誰でも気軽にオークションに出品することが出来ます。

そこで楽天Car車買取についてまとめました。

楽天Car車買取のメリット・デメリットなどについてご紹介します。

楽天Car車買取とは

楽天Car車買取はオークションで車を売却できるサービスです。

中古車オークションには「業者間オークション」と「個人間オークション」の2種類があります。

車のオークションというと、中古車ディーラーなど専門家が「業者と業者」で取引する「業者間オークション」が一般的ですが、業者間オークションは基本的には個人では参加できません。そのため、出品するには代行業者への依頼などが必要です。

一方「個人間オークション」は、「個人と個人」や「個人と業者」で取引されており、インターネットの普及で誰でも気軽に利用できるものが増えています。

楽天Car車買取は「個人と業者」が取引できるオークションで、運営会社の楽天カー株式会社が間でサポートに入り、気軽に誰でも車をオークションで売ることができるサービスです。

それぞれのオークションのメリット・デメリット

オークション代行は、全国のディーラーや中古車業者が利用するオートオークションに業者に代行してもらい出品します。オートオークションでは人気車種などで、一般流通相場より高値の買取金額がつく場合もあるのですが、手数料がさまざまなケースで発生するので、高額入札がつかない場合損をする可能性もあります。

個人オークション」はフリマサイトやヤフーオークションに個人で出品を行い、自分で入札者とやり取りを行うので手数料などは低いのですが、売却後のクレームなどのトラブルのリスクがあります。

サポート付きオークション」はオークション代行と比べてかなり手数料を抑える事ができ、また、個人オークションで心配な売却後のトラブルも、査定の際のヒアリングで嘘や隠し事をしていない限り、責任は発生しません

楽天Car車買取の運営会社

社名楽天カー株式会社
本社所在地〒158-0094
東京都世田谷区玉川一丁目14-1
楽天クリムゾンハウス
電話番号050-5358-2240
設立2015年11月
公式サイトhttps://sell.car.rakuten.co.jp/

楽天Car車買取は楽天グループに属する「楽天カー株式会社」が運営するサービスです。楽天carは「楽天Car車買取」以外にも、車の購入や車検、パーツ販売から保険まで車関連のビジネスを幅広く展開しています。

売却で楽天ポイントが貰えたりと、運営母体の楽天との連携したサービスが多いのが特徴です。

楽天Car車買取のメリット

楽天ポイントがもらえる

楽天car車買取を利用し、売買が成立すると1,000ポイントの楽天ポイントがもらえます。また楽天car車買取+マイカー割のメンバー登録で、楽天ポイントが5,000ポイントもらえます。

詳細や条件については以下のページでご確認ください。

営業電話がかかってこない

車の買取をネットで申し込んだ場合に、よく不満点としてあげられるのがしつこい営業電話です。

一括査定等を利用すると、数分後には営業電話のラッシュなどで疲れてしまうという方も多くいます。

その点楽天Car車買取はオークション形式のため、説明やスケジュールの調整の電話のみで、営業電話などはかかってきません。

申込時に記載したユーザーの情報は、売却成立まで一切業者側に公開されることはないので、ストレスフリーで車を売却できます。

査定は1回でOK

楽天Car車買取は、一回の査定のみでOKです。申込後、楽天car車買取の査定員の出張査定の情報をもとにオークションに出品され、楽天car車買取と提携している2,000以上の業者がその情報をもとに入札を行います。

車の一括査定などに申し込みと、業者ごとに車を査定され、スケジュール調整や時間を割く労力などが大変です。

その点楽天car車買取は、一回の査定のみで、拘束時間などはグッと少なく車を売ることが出来ます。

オークション形式なので中古車が高く売れる

楽天car車買取は、2,000社以上の提携業者が入札して競ることで、高額で車を売却できる可能性がグンと高くなっています。

よくある一括査定では、多くて30社など。

その中から他社との比較や交渉をし、査定額が上る可能性がある点に比べ、楽天car車買取は入札業者が自動で競り買取額が上がっていく可能性があります。

利用者が払うのは22,000円の手数料のみ

楽天car車買取の手数料は、売却が成立した際の仲介手数料22,000円(税込み)のみです。

なお業者に依頼するオークション代行の場合の一般的な手数料はコチラ。

代行手数料30,000円~50,000円前後
落札金額によっては落札額の1%など
出品料10,000円前後
成約料10,000円前後
陸送費10,000円~(地域によって変動)
キャンセル料0円~30,000円前後

このように、オークション代行を利用する場合はまざまな場面で費用が発生します。一回の出品では落札されなかった場合は帰りの陸送費がかかりますし、再度出品するなら再度陸送費も発生、キャンセルするならキャンセル料、とケースによって変動します。

上記の手数料はあくまでも目安という点もふまえて、オークション代行を利用するなら必ず事前に手数料の確認が必要です。

一方、楽天car車買取は、売却成立時の仲介手数料22,000円のみ。もちろん査定も無料で指定した場所に査定に来てくれます。(成約後のキャンセルなど損害金がかかるケースもあります。)

楽天Car車買取のデメリット

車の売却までに時間がかかる

楽天car車買取はオークション形式なので、車を売却できるまでどうしても時間がかかってしまいます。

出品の準備やオークションの開催スケジュールの都合など、申込みから即売却、ということはありません。

「即日お金が必要になったので車を売却する」というようなケースでは、楽天car車買取の利用はオススメできません。

設定した最低希望価格以上の入札額があった場合のキャンセルはできない

楽天car車買取では申込み後、最低落札希望額の設定をします。

この金額に届かない場合は売却しなくてもいいのですが、それを超えた金額の入札があった場合はキャンセルはできません。

ただ最低落札価格が高すぎると、オークションで入札が少なくなる可能性もあり、適切な価格の設定が重要です。

後々後悔しないように、しっかりと最低希望価格を設定しておきましょう。

車の一括査定と楽天car車買取どちらがいいの?

車を高値で売却できるとよく評判に挙がるのが、車の一括査定です。

ですが時間に余裕があるなら、楽天car車買取で最低希望価格をよく考えて設定して出品し、納得できる金額に届かずオークションが終了したなら、一括査定を利用するのがオススメです。

なるべく多くの業者に見てもらうのがより高値で車を売却するコツなので、一度に2,000社以上に見てもらえる可能性がある楽天car車買取を利用しないのは、それだけで損をする可能性が非常に高くなってしまいます。

関連記事

楽天car車買取のまとめ

  • 楽天car車買取は楽天グループに属する「楽天カー株式会社」が運営している、車のオークションサービス
  • 一度の査定で2,000社以上の業者が参加するオークションに出品でき、車を高く売却できる可能性が高い
  • 売却時の22,000円の手数料のみで車を売却できる
  • 複数回の査定やしつこい営業電話もなくストレスフリーで売却できる

以前は車を高く売るなら一括査定といわれていましたが、車のネットオークションは一括査定のデメリットがなく、それでいて一括査定よりも高額で売却できる可能性が高い画期的なサービスです。

時間がかかるというデメリットはありますが、なるべく高く車を売却したいのなら、まずはネットオークションを利用してみるのがオススメです。

楽天Car車買取の公式サイトはこちら

-未分類